牡丹寺で有名な隆国寺の牡丹は見頃を過ぎていた


※このブログは、ステップごとの色鉛筆画講座となっています。

詳しい内容は下の【無料】色鉛筆画通信講座グリーンボタンから御覧ください。


2014年05月11日

牡丹寺で有名な隆国寺の牡丹は見頃を過ぎていた

夫婦牡丹
            隆国寺の牡丹(色鉛筆画)


昨日(2014.5.10)、 そろそろ牡丹も終わる頃なので、画材収集も兼ねて一目牡丹を

見に行こうと兵庫県養父市から豊岡市日高町の隆国寺へと出かけました。

牡丹寺隆国寺
隆国寺(りゅうこくじ)は、兵庫県豊岡市にある曹洞宗の寺院である。関西花の寺二十五カ所6番、
近畿楽寺寿観音三十三カ所霊場第4番、宝の寺七福神但馬布袋霊場である。
牡丹の寺として知られている。

164

 
隆国寺牡丹

  ↑ これくらいは、咲いていると思っていたのですが、花は刈られてこの写真
(見頃の時)の5分の一くらいしか、残っていませんでした。

実際の写真 ↓

161


159


163


165

できるだけ、綺麗なイキイキとしたものを撮ったのですが、数は少なく

下を向いて少し しおれかけた感じで何処か寂しげです。

 やはりゴールデンウイークの初め頃が、見頃ですね。


今日は、兵庫県朝来市和田山町白井のふじ公園に出かけてみようと思います。 
白井藤公園

山陰随一の規模を誇る大町藤公園は、約7000平方メートルの
敷地に総延長500mの藤棚があり、5月上旬から中旬にかけて花が咲き乱れ、
幽玄な空間を創りだし、訪れる人の目を楽しませています。

 5月上旬に開催される「藤まつり」では、さまざまなイベントが行われます。


ブログランキングに参加しております。
よろしければ、応援クリックお願いします。
     ↓    ↓    ↓
    人気ブログランキング



牡丹寺で有名な隆国寺の牡丹は見頃を過ぎていたへのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/onlyone224/38763801