デッサン力を身につける!


※このブログは、ステップごとの色鉛筆画講座となっています。

詳しい内容は下の【無料】色鉛筆画通信講座グリーンボタンから御覧ください。


2014年06月29日

デッサン力を身につける!

僕らのマシーン 僕らのマシーン


基本、初級ステップから中級ステップに進んで行かれる方は、少しずつ

でいいですので、上達のためにもデッサンを取り入れていきましょう。


■デッサンについて 

デッサンとは、簡単に言えば絵を描くための基礎練習です。

歌を上手くなりたいなら発声練習(ボイストレーニング)、

スポーツが上手くなりたいならそれなりの柔軟性や体力が必要と

なりますね、それと同じで本当に絵が上手くなりたければ、

デッサン力が、必要となります。


たまに、勘違いされている方がいますが絵や写真を真似して上手く

描けてもデッサン力があるとは言い切れません。

描写力とデッサン力は、違うということを覚えておいて下さい。

そして、模写は人の技法を真似たり、形を性格に写し取る練習に過ぎず、

形を真似ればテクニックなどが、身について上手には見えるかも

しれませんが、それが本当の上達にはなっていないということです。



■デッサンで学ぶこと

では、デッサンでは何が学べるでしょうか?

一般的には、遠近感、明暗(陰影)の付け方、立体感、バランス、

輪郭を正確にとらえ描く能力といわれます。

また、「肉体面、技術面、精神面、感性が、鍛えられる」とも

言われています。


難しい事は、言えませんが、

ただ何も考えず、たくさん描けば技術が向上するわけではないです。


実際に、物を見て描こうとすると自然に思考したり、理解したり

するかと思いますが、

しっかりと考えてたくさんデッサンを描いていけば

デッサンの本質が見えてきて綺麗なデッサンが描けるように

なると思います。

大事なのは何を描くのか、どうやって描くのか、きちんと決めて

デッサンをすることです。


例えば描くものが、「硬いのだろうか」とか「ザラザラしてる」とか「光ってるな」

とか「重そうだな」とか色々考えながら描くものを観察したり想像すること。


「こんな風に描こう」目標を立てて描き、「ここがおかしいな」と

反省し次に繋げます。

それを何度も何度も繰り返すことによって、自然と体が覚え、

思うように絵が描ける様になるわけです。


デッサンの本質とは、ちょっと違うと言われるかもしれませんが、

描き慣れてくると白いキャンバスを見た時に、描きたいものの姿、形が

見えるようになったりします。

しかし、それは、まだ不鮮明な形なので「アタリ」付ける程度に

しか描けません。

これを超えて極めれば1発描きで絵を描く事ができます。

これが出来ると描くスピードが格段に上がります。


本当に絵が上手くなりたいのであれば、デッサンは絵描きの基本と考え

練習することをおすすめします。


デッサンの本一覧
 

デッサン力を身につける!へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/onlyone224/39604532