イメージ(想像)して描く 上級ステップ 1 見るだけで幸せになれるような絵


※このブログは、ステップごとの色鉛筆画講座となっています。

詳しい内容は下の【無料】色鉛筆画通信講座グリーンボタンから御覧ください。


2014年07月31日

イメージ(想像)して描く 上級ステップ 1 見るだけで幸せになれるような絵


薔薇

今回から、「イメージ(想像)して描く」 をステップで解説していきます

よろしくお願い致します。

(注)上級編となりますので基礎編から中級編までを理解された上での
解説となります。 初めての方は、理解できないことが多くなるかと思い
ますので基礎編からの学習をお願い致します。



先日、知り合いの方から「店の看板になる絵を 描いてほしい」と

依頼があり、描くことになりました。

依頼主に許可を取ってその絵の描き方を解説していきます。

(元になる絵なので、小さな絵で用紙はケント紙で簡単にコピーができるA4サイズです)



・題名  「愛の園」


・依頼内容(テーマ)

幸運を引き寄せる「花、虹、鳩、、クローバー、星、イルカ、ハート、天使」などを入れ

見るだけで、引き寄せられるような、幸せになるような絵 。


・仮称 

パワースポット 「愛の園」 ということで、

後で、絵の真ん中あたりに文字を入れるという。




しかし、「花、虹、鳩、クローバー、星、イルカ、ハート、天使」を

全部入れた絵を描くのは難しいが、できるだけ入るように考えてみる。

真ん中あたりに文字が入っても、おかしくない構成にする。



それでは、今回の制作の流れを簡単に書いていきます。


■イメージする

頭の中でどんな絵を描くかイメージします。



■配置を決める

用紙を用意しておおよその配置を考える。



■素材集め

配置が決まったらいろんなところからイメージに合った素材を

調べて集めます。

頭で考えたものをリアルに絵にできるのなら、

イメージに合った素材集めは、必要ないと思います。



■下絵

鉛筆で配置を決めた場所に素材をアレンジして

描いていきます。



■色塗り

色を塗りながら、なかば仕上げていく。



■仕上げ

最後に絵全体の色のバランスを取りながら仕上げていきます。



以上が、簡単な手順です。

それでは、始めて行きます。

 イメージは、薔薇の花園に白い鳩とハートを持った天使が飛んでいて、

そこに、太陽からの虹色の光が差している光景を思い浮かべました。


配置は、真ん中に文字が入るので、文字を囲むようになるように

花や天使、鳩などの位置をレイアウトしました。


素材は、インターネット、本、自分が撮った写真などです。
 (天使や白い鳩などの素材集め)


素材をアレンジして下絵を描いていきます。

天使下絵

色も半ば仕上げで塗っていきます。

鉛筆で輪郭をとって、色鉛筆でデッサンしていきます。

天使色塗り


こんな感じで、描いていきます。

絵画と言うよりイラストになると思いますが、

綺麗な絵を目指して描いていきます。


今回は、これで終わります。

次回から、バラの花を描いていきます。

お楽しみに!



ブログランキングに参加しております。
よろしければ、↓ 応援クリックお願いします。
     
     人気ブログランキングへ



イメージ(想像)して描く 上級ステップ 1 見るだけで幸せになれるような絵へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/onlyone224/40118934