ユニ カラードペンシル ペリシア 今までにない柔らかな描き味


※このブログは、ステップごとの色鉛筆画講座となっています。

詳しい内容は下の【無料】色鉛筆画通信講座グリーンボタンから御覧ください。


2014年10月05日

ユニ カラードペンシル ペリシア 今までにない柔らかな描き味


ユニ カラードペンシル ペリシア 今までにない柔らかな描き味

perisia 1
ユニ カラードペンシル ペリシア 36色

三菱鉛筆
ユニ カラードペンシル ペリシア

幅広い表現ができるアーティスト仕様の鮮やか色鉛筆
perisia 3

普通の色鉛筆では、強く描きこんでいくとロウ化状態になり、その上からは
色が、のらなくなってきますが、ペリシアはそんな状態でも定着力が優れていて
上から容易に色をのせることができます。


■特徴

・従来にない柔らかな描き味
芯が柔らかで、従来にはないなめらかでしっとりとしたタッチで描くことができます。
従来の画用紙などはもちろん、凹凸のあるキャンバス地にも描くことができます。

・優れた発色と耐光性
高級微粒子顔料をふんだんに使用しているため発色性に優れています。
また、耐光性にもすぐれており、退色が少ないため、作品を美しいまま保存
することができます。

・重ね塗りや混色が容易
芯には特殊なワックスを使用しているため対象物(紙、キャンバスなど)への
着色性に優れ、ムラなく均一な色塗りが可能です。
広い面積を塗る時も、下地の紙の白色が残りにくく、ムラのないはっきりとした
濃い色で描くことができます。
また、塗った色の上に、同じ色や他の色を塗ってもはじかれずに色がのるので、
重ね塗りや混色がきれいにできます。


・ぼかしや油絵風の表現も楽しめる
油絵で使用されるテレピン油や調合溶き油に溶ける性質があるので、
描いた部分をテレピン油を含ませた筆でなぞることで、描線をぼかすことが
できます。
また、キャンパス上で、調合溶き油を使って溶かしていけば、油絵風タッチの
絵を描くこともできます。

 perisia 4
     ・木とアルミを合わせた高級感のあるケース

perisia 5
perisia 2
ユニ カラードペンシル ペリシア一覧


芯がかなり柔らかいので、私が描く細密画を描くには少し 不向きですが、

色がのらなくなった時の最終手段として使えますし油絵のような表現も

可能な、高級色鉛筆だと思います。 


その他の日本の色鉛筆のブランドはこちらから
   ↓        ↓        ↓ 
  日本の色鉛筆ブランド紹介
 
ユニ カラードペンシル ペリシア 今までにない柔らかな描き味へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/onlyone224/41180786