猫を抱く女性を描く 2


※このブログは、ステップごとの色鉛筆画講座となっています。

詳しい内容は下の【無料】色鉛筆画通信講座グリーンボタンから御覧ください。


2015年01月17日

猫を抱く女性を描く 2

中級編 猫を抱く女性を描く 2

324編猫を抱く女性


今日は、前回の続きで女性の方を描いていきます。
用紙はケント紙(ミューズ ケントブロック)
色鉛筆には、FC)ファーバーカステルアートグリップUNI)三菱ユニカラーを使っています。


猫の方はほぼ出来上がってきましたので、女性の方を塗っていきます。
先ずは、全体にかるくあたりをあたりを付けました。

302編


目のあたりから色を塗っていきます。

304編


髪の毛も一本一本描いていきます。

 305編

(残念ですが肖像権の為、ここから女性の顔は、制限させていただきます)
307編改

肌の赤みのある部分に、UNI)モーブをかるく入れておきます。
308編改

次に肌の暗い部分には FC)176バンダライクブラウン、UNI)ダークセピア
明るい部分にはUNI)シナモン、UNI)フレッシュを塗っていきます。
309編改

髪の毛は、ブラウン、ダークセピア、ブラックを使って
光のあたり具合をよく見て一本一本丁寧に仕上げていきます。
最も光があたっている部分は色を塗らずに残します。
 311編改


顔が仕上がってきましたら、次に洋服を描いていきます。
猫や顔を描いてきたように、あたりをつけ陰影を入れていきます。

313編改

洋服は、白ですので陰影を描くことで立体感が出てきます。
UNI)ストーングレイ、より濃い部分には、UNI)ダークグレイで描きます。
 
 
洋服のマークを描いていきます。
写真では小さくて細かい部分がわかりにくいので、カメラに撮ってズームして
描きます。

322編
 


洋服のマークは、黒なので、作業を軽減するために、より黒い部分は、
薄墨の筆ペンで、下塗りをしてからブラックで仕上げていきます。

318編改
 


 UNI)ストーングレイ、より濃い部分には、UNI)ダークグレイで
洋服を仕上げていきます。

323編
 



ここまでくれば、一気に仕上げていきたいところです。
出来上がりを楽しみに仕上げていきます。

324編改



 バックの色は、UNI)ブルーグレー、ローズの2色で仕上げます。

329編


下からブルーグレーを塗っていき、ローズへとグラデーションさせていきます。

325編改



バックが塗れれば、全体を見渡して、色の薄いところ、ムラになっているところを
修正して最後にサインを入れて完成です。

 327編改

330編


絵の大きさは、A4サイズくらいで、マットを装着して額縁に入れました。
額縁の大きさは太子です。
額縁の学習はこちらから⇒初級 ハイビスカスを描く STEP6  額に入れる
猫を抱く女性 (編)


今回の講座は、これで完結と致します。

ハッピーアートでは、基礎から上級までの色えんぴつ画講座を無料でご覧いただけます。

詳しくは、こちらを御覧ください⇒「色えんぴつ画講座224」受講内容

 それでは、この辺で失礼します。
有難うございましたm(_ _)m 

 
猫を抱く女性を描く 2へのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/onlyone224/42930064