絵の練習を始めるなら、まずはクロッキー(速写)から


※このブログは、ステップごとの色鉛筆画講座となっています。

詳しい内容は下の【無料】色鉛筆画通信講座グリーンボタンから御覧ください。


2015年07月10日

絵の練習を始めるなら、まずはクロッキー(速写)から

絵の練習を始めるなら、まずはクロッキー(速写)から 
suketti2

・鉛筆やコンテを使って、まずはリンゴを描いてみよう
リンゴは立体感を出すために、よく使われる静物で、光の入れ具合、陰影
のつけかたに表現にポイントがあります。
 
 本気で画家になりたかったらデッサン力をつけよう!! 
正式な描き方は、コンテ(炭の棒)でスケッチブックに描きます。
ですが、これは目的によります。
デッサンで一つの作品に仕上げようとするときは、コンテが必要です。
炭を紙に塗りつけて引き延ばすような描き方も必要ですが、自分が
描きたい物の下書きや練習とするのなら、鉛筆で十分です。


・指の描き方ひとつで生きもするし死にもします
 IMG_0102
リンゴが描けたら手を描いてみましょう。
手を描くのは難しいもので、何回 描いても納得できないものがあります。
自分の手を描くのが基本ですが、写実的に実物そっくりに描くだけなら、
写真で十分だと思います。

では、絵とは何なのか疑問が沸いてきますね。
私は、作者が精神世界で描き出した特殊な世界だと理解しています。
だから、手を描くときに試してほしいのです。
指の長い絵、指の短い絵、指だけで何かを主張することだってできます。
 
 デッサンは西洋画の基本です。
また、デッサンは、油絵や水彩画で描く物を一発で描けるよう何回も
練習するのに最適な手段なのです。

・まとめ
デッサンで一つの作品にする場合、コンテという画材を購入しなければなりません。
また、コンテを紙に塗りつけて引き延ばしていく描き方も身に着けなければなりません。
また、自分が描きたい物を一発で描けるように練習することも大切です。

絵の練習を始めるなら、まずはクロッキー(速写)からへのトラックバックURL
http://trackback.blogsys.jp/livedoor/onlyone224/49048869